北の銘菓
北の銘菓
いにしえの刻より、変わらぬ味を守り続ける五勝手屋は、 その昔、紋葉をつくって藩公に献上したのがはじまりです。 明治3年に至って、長い伝統と累代の苦心を込めて練り上げた 秘伝のようかんを精製し販売することとなりました。 レトロの趣に満ちた包装紙の模様は 明治時代に品評会で授与された賞状を模したもので、 よく知られている丸缶ようかんは、 昭和14年~15年頃に指を汚すことのない 工夫として考案されました。 いつまでも変わらない伝承の技、伝統の味。 心うるおす、ゆとりあるひとときを和菓子と共に・・・。